中古車購入のコツ

中古車だって怖くない!!

これから中古車を購入しようとしてる人の参考に

中古車のバイクを買うことは、新車を購入するのとはまた違った楽しみがある。
安く買えるからその分ツーリングいったりパーツ買ったり。
全部が全部イイことばかりじゃないけど中古には中古の楽しみ方があると思う。
ここでは、そんな楽しいバイクライフを送る為の基礎知識を紹介していきます。

1.バイク選びの基礎知識

ショップにお任せもいいけど、バイク選びの基礎知識は必要不可欠。
しっかり学んで、失敗しない買い物にしよう!

ん〜バイクが好きって言っても、やっぱ素人なわけで。
店頭に並んでいるバイクがどんな状態にある車両かを判断するのは簡単じゃない。
若干のレベルの差はあるとはいえ、ベテランも初心者もほぼ同じ。何百台もチェックしたことはないでしょう。
「コレだ!」と思ったバイクがあったら、定員さんに詳しく話を聞いて、なんとか自分なりに分かる範囲でバイクをあちこちチェックをしたりも大事。
安くない買い物だから、もうちょっとだけバイクの状態を判断できるようになって、納得のいく買い物をしてこれからのバイクライフをもっと楽しくしよう。

このページを見て素人+アルファでよりよいバイク選びができるようになろう。
※くれぐれも知ったかぶりして調子にのらないように。

中古バイクは新車じゃない

まぁ当たり前のことなんですが、これだけは最低限の前提として、理解していてほしい。
新車じゃないんで不具合の発生する確率は当然高い。
もし、どんなトラブルも許せない!!っていうなら迷わず新車を買ったほうがいい。
もちろんバイク屋さんは、その中古車が商品として成立しると判断して店頭に置いている訳だけど中古車に完璧な状態は求められない。

新車に比べて割安で絶版車だって選べる訳だし、自分が納得できる範囲をあらかじめ決めておくといいかも。

2.バイク選びの心構え

1.中古車選びは、第一印象を大事に。第一印象から決めてました。

中古車バイクは古着と一緒で、縁のモノ。何千、何万と販売されていた新車が。中古の市場に戻ってくるときは、一台一台が別物になって帰ってくる。
同じ車種のバイクでも一台だって同じモノはない。そんな中、一目みた瞬間に「コイツだ!」と思える車両に出逢うこともある。もちろんちゃんとチェックは必要だけど、意外にその直感は間違ってなかったりする。

2.中古車に定価はない。販売価格は程度に大きく左右される。それぞれ個性がいっぱい。

中古車は一つ一つが別商品。同じ車種のバイクでも価格はバラバラ。だから、あっちよりこっちの方が安いだからこっち。なんて考えがち。でも価格がすべてじゃないので要注意。
大事なのは、「どうして違うのか」「どこに差があるのか」をはっきりさせること。一概には言えないけど、安いバイクにはそれなりの訳があることが多い。安易に安値で判断しないこと。

3.見た目のキレイさも大事だけど。機関や足回りの状態も大事。やっぱ中身も大事でしょ〜

よっぽどの事がないかぎり、錆とってワックスかければ、そこそこきれいにはなる。でも、バイクは飾り物じゃない。走ってナンボ。本当に気を付けなきゃいけないのは、エンジンやミッション、吸排気系、サスペンションなど、目に付きにくい部分。素人にはなかなか判断しにくいけど、その心積りだけは持っておこう。

4.バイク選びはショップ選びでもある。買ったら終わりじゃ寂しいじゃん。

バイクライフにとって、もっとも大事なもの。それはもちろん愛車。だけどそれと同じぐらいに大事にしたいのが、ショップとの付き合い。バイクは機械のカタマリ。いつ何時トラブルが発生するかわからない。そんな時はプロに任せるのが一番安心。なんで車両購入時には、アフターサービスも買うつもりで、安心して任せられるショップ選びをしよう。

5.納車時に、不具合など全てを直してくれると思わない。勝手に思いこんじゃダメよ〜ん

基本的に、中古車というのは現状販売が前提になっている。それでも、車両購入時に走行に支障をきたす部分があればおそらく全てのバイクショップは修理の上、販売してくれるだろう。しかし、だからといってそれを当然と考え消耗品やらなにやらを解決してくれるとは決めつけてはいけない。

ホントはどうなの?メーター表示の走行距離

中古車において、走行距離が大切ってことに異論はない。けれど、ただ少なければいいってもんじゃない。
販売価格に直結することの多い走行距離だけども、たとえ距離を走ってるバイクでも、状態のいいモノはいっぱいある。それは、前のユーザーが通勤にツーリングにと大切にしていたからとも言える。そんなバイクだったらメンテナンスをこまめに受けていた可能性も高い。
それとは逆に年に数回しか乗らず放置状態のバイクでは程度がいいとは言えない。
走るのもメンテナンスのうちって考えがあるくらい。
それとバイクのメーターは車のメーターと違って簡単に交換できる為、一概に少なければいいとは言えない。最近じゃカスタムの際にメーター交換なんて当たり前だし。実際メーターの交換にはそんなに手間暇お値段もかからない。
あくまでも目安の一つと考えるほうがいいかも。